「Mobage を支える技術」発刊のお知らせ

こんにちは、DeNA の武部です。

DeNA 執筆による技術書籍「Mobage を支える技術 〜ソーシャルゲームの舞台裏〜」を本日 6/13 日より発売開始致しました。

mobage_sasaeru_gijyutsu.jpg

本書は DeNA の10名のエンジニアにより、章を分担して執筆しました。
執筆陣、及び目次について、下記技評社Webページもご参照ください。
http://gihyo.jp/book/2012/978-4-7741-5111-3

大変ありがたいことに、初版完売の報告を頂いております(※発売日に完売というのもおかしな話ですが「初版で刷った部数全てが書店の注文でハケた」ということだそうです)。
今時点では、大手書店には比較的在庫があると思いますので、お手にとって頂き、面白そうと感じたら 一家に三冊 一冊お買い求め頂けますと、なお幸いです。
しばらく流通量が少ないかもしれませんが、増刷の準備も進めていますので、ほどなく回復すると思います。今しばらくお待ちください。

どんな本?

本書について皆さんへお伝えしたいことが、具合良く本書の Introduction にまとまっています。拙筆ではありますが、抜粋して紹介させて頂きます。

■本書発刊のきっかけ

DeNAエンジニア陣としては常々、私たちが作り上げてきた Mobage に代表される
インターネットサービス、ソーシャルゲーム、ソーシャルプラットフォームといった
各領域の開発・運用のテクニックを、網羅的に、且つ凝縮して、世の中のエンジニア達と
共有したいと考えていました。しかしそういった機会は今日まで、技術系雑誌や
カンファレンスなどで小出しに情報発信する程度しかありませんでした。
そんな折に、技術評論社さまから本書の企画提案を頂き、取り組みを開始することにしました。

■本書について

本書は、ただソーシャルゲームの開発の裏側を紹介しただけのものではありません。
大規模 Web サービスの構築・運用ノウハウが詰まった、壮大な一冊にまとめあげています。
また、机上の理論よりも生々しい実践テクニックを重視しました。私たちはあまりにも
急激に成長するサービスに対して、自らの調査・検証、創意工夫、新しいソリューションを
生み出すといったアクションによって、サービスと事業の拡大を実現してきた自負があります。
本書は、技術領域について網羅的に、また可能な限り踏み込んで書きました。

主たるテーマは、
  ・ソーシャルゲーム(フィーチャーフォン/スマートフォン)
  ・大規模Webインフラ
  ・プラットフォーム
  ・ビッグデータ分析
といった領域です。

執筆に当たっては、最初に定義したテーマごとに、DeNA のノウハウを出し惜しみすることなく、
書籍化のぎりぎりのタイミングまで、最新情報を載せることを追求しています。

本書を片手に、大規模Webサービスの構築・運用の裏側を知り、実践的なノウハウを得て
頂けることを願っています。

言語を出したり書籍を書いたり

エンジニアの活動領域が広いのは DeNA の良き文化です。
最近は JSX という新しいプログラミング言語を世に放ち、本日は書籍発刊、毎回は告知しきれていませんが、雑誌の寄稿やカンファレンスへの登壇、更には技術勉強会の主催や開催支援など、枚挙にいとまがありませんが、

 サービスを作り、運用し、ビジネスを成功させることへのコミット
                ×
       エンジニアらしい取り組みの奨励、後押し

この二つを絶妙なバランスで続けられているのが、チーム DeNA のエンジニアの稀有さだなぁ、と感じています。

これから先、事業と組織が急スピードで大きくなる中であっても、自分達のカルチャーを大切に、サービスと技術の両面において価値あるものを次々にお届けしてゆきたいと思っています。


ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る