DeNA TechCon 2017 開催レポート【1】

こんにちは、 SWET グループの加藤です。

DeNA TechCon 2017 が2017年2月10日に開催されました。昨年に続き、第2回目です。

今回から全4回に渡り、 TechCon 2017 の様子をお伝えします。

第1回となる本記事では、 Opening の様子、そして SAKAI KENGO による『DeNA private cloudのその後』のセッションについてご紹介します。

CR9A6825.jpg

CR9A6920.jpg

オープニング

IMG_0018.jpg

オープニングでは木村 (hidek) による Dena TechCon の主旨が述べられました。

TechCon は DeNA の技術チャレンジ総決算です。先人の技術と知恵で DeNA はここまで成長したわけですが、その恩返しの意味も込めて、エンジニアの挑戦で得た知見を社会に還元したいという思いが語られました。

特に、 DeNA は、これから力を入れていく AI についてのアウトプットを増やしてゆくつもりです。 AI は社会を変革する可能性を持ちます。 DeNA の創業技術はインターネット関連技術ですが、それに加えて AI も DeNA の技術の中心に据えて、本気でやっていくという姿勢を表明しました。

展示

CR9A6814.jpg

IMG_9874.jpg

CR9A6801.jpg

トークセッションだけでなく、 DeNA の技術を紹介する会場展示も行われました。たくさんの方が、実機ゲームサンプルやキービジュアル、社内開発のミドルウェア紹介の展示に足を止めていました。

DeNA private cloudのその後

IT 基盤部の SAKAI KENGO が DeNA の社内インフラ基盤について発表しました。

スライド: DeNA private cloudのその後 #denatechcon from DeNA

昨年の Dena TechCon で紹介した、サーバやネットワークの構成がこの一年間でどう変わったかに焦点が当てられました。

過去のエンジニアブログの記事にも書かれたように、 DeNA はオンプレミスのサーバにおいて、 Ceph を SDS(Software Defined Storage) として使い、 OpenStack で構築した Private Cloud 構成を取っています。

2016 年 7 月より開発環境を OPenStack へ移行し、現在ではインスタンス数は 1730, Node 数は 34 まで増えたそうです。また、将来的には LXD の導入などを計画しているとのこと。

また、従来はネットワークとサーバの管理は担当エンジニアが分かれていましたが、それを統合し、 IT 基盤エンジニアがネットワーク、サーバどちらも担当できるようにしました。これによりネットワークグループへの「依頼」削減に成功したそうです。

DeNA のインフラに関する記事は こちらこちら など、 Mobage Developer blog にもあります。読み比べると、インフラ構成について理解が深まると思います。

他記事

DeNA TechCon 2017 を紹介した記事を探してみたところ、いくつかの Web ページが見つかりました。

セッションや会場の雰囲気が伝わってきますね。

最後に

DeNA TechCon 2017 に参加されたみなさま、ご来場ありがとうございました!

次回以降は、各セッションの様子をご紹介します。

ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る