UnityのNative Pluginを作るためのもろもろ

この記事はDeNA Advent Calendar 2016 2日目の記事です。

初めまして。DeNAでUnity基盤開発をしている、大竹(a.k.a. trapezoid)と申します。UniRxおじさんも兼業していたりします。 今回は、UnityでのNative Plugin開発の流れや勘所について紹介していこうと思います。

まえおき

Unityは非常に多彩なプラットフォームにほぼワンソースで対応出来る優秀なマルチプラットフォームゲームエンジンです。 Unityでゲームを作っていく場合、基本的にはC#でそのコードを記述していくわけですが、プラットフォーム固有の込み入った処理を書きたい場合や、高い性能が求められるような場合、Native Pluginとしてその処理を記述して、Unity本体とインテグレーションするような手法を取る必要があります。

DeNAでは、オーディオエンジンや同期通信用の内製ミドルウェアのSDKなど、ゲームエンジンに関わらず使われる独立したミドルウェアは、原則的にネイティブ開発したものをUnityにインテグレーションする手法をとっているものが多いため、積極的にNativePluginを開発/利用していっています。

Native Pluginをつくる

Native Pluginの形態

モバイルゲームにおいてであれば、やはりまずサポートされるべきターゲットはiOS/Androidとなります。 プラットフォームとC#実行エンジンの選択に従って、Native Pluginをどのようにゲーム本体とリンクするべきかは、以下のように変わります。

OS実行エンジンリンク形態
iOSMonoStatic Library
iOSIL2CPPStatic Library
AndroidMonoShared Library, jar(JNI経由の呼び出し)
AndroidIL2CPPStatic Library, Shared Library, jar(JNI経由の呼び出し)

iOSは基本的にStatic Libraryを作ってリンクします。これはiOS上では外部ライブラリの利用はスタティックリンクしか規約上許可されていないため、このような制約がかかっています。 Androidの場合は、Shared Libraryによるリンクと、JNI経由でJVM上のコードを呼び出す事が可能です。 IL2CPPを利用する場合は、iOSと同様にStatic Libraryを利用することができます。 (訂正:2016/12/02) Unityフォーラムの投稿によれば、Android IL2CPPの場合、Static Libraryはサポートされてないようです。

Native Pluginとしてビルドする

上記の前提にのっとって、まずはNative側の実装を作って、Unityから繋ぎこむべき先のライブラリをビルドします。 Androidの場合はAndroid NDKを、iOSの場合はXcodeを使っていくのが手軽です。cmakeを使うことで一元化することも出来ますが、これはこれで話が長くなるので今回は割愛します。

Native PluginとC#をつなぎこむ

https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/NativePlugins.html 基本的なことや具体的なコードは上記のUnity公式ドキュメントに記載されていますので割愛しますが、UnityのNative Pluginとのインターフェースは、.NETのP/Invokeの仕組みにのっとって行われます。 P/Invokeではマーシャリング手法を引数や返り値, 型毎に細かく指定する事が出来るので、コピー頻度やメモリアロケーション頻度を下げられるように気を使いながら、C#上からP/Invoke宣言を記述していきます。 StructLayout等を利用することも可能ですが、特にiOSの場合64bitアーキテクチャと32bitアーキテクチャに両対応する必要があるため、アライメント境界には強く気を使う必要があります。

EditorでもNative Pluginを使う

Unityを使った開発の強みは、Unity Editorによって動作確認が出来ることによる、開発サイクルの加速にあります。 そのために、Native Pluginによってゲーム中の機能を実現する場合、Unity Editorの内部でも、可能な範囲で動作確認が可能であるべきです。 つまり、Android/iOSに加えて、WindowsやmacOSに対してもマルチプラットフォームサポートを行う事が、実質的にはスタートラインになります。

UnityではmacOSはLoadable Bundle, WindowsはDLLの形で、それぞれネイティブプラグインを利用可能です。 Windowsは単純にDLLを作るだけなので一旦省くとして、Loadable Bundleは馴染みがない方も多いとは思います。Loadable Bundleを作るには、まず以下のようなInfo.plistを任意のパスに保存しましょう。


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
        <key>CFBundleDevelopmentRegion</key>
        <string>en</string>
        <key>CFBundleExecutable</key>
        <string>$(EXECUTABLE_NAME)</string>
        <key>CFBundleIdentifier</key>
        <string>CompanyName.$(PRODUCT_NAME:rfc1034identifier)</string>
        <key>CFBundleInfoDictionaryVersion</key>
        <string>6.0</string>
        <key>CFBundleName</key>
        <string>$(PRODUCT_NAME)</string>
        <key>CFBundlePackageType</key>
        <string>BNDL</string>
        <key>CFBundleShortVersionString</key>
        <string>1.0</string>
        <key>CFBundleSignature</key>
        <string>????</string>
        <key>CFBundleVersion</key>
        <string>1</string>
        <key>NSHumanReadableCopyright</key>
        <string>Copyright © 2016年 Your Name. All rights reserved.</string>
        <key>NSPrincipalClass</key>
        <string></string>
</dict>
</plist>

次に、cmakeでコンパイル対象や必要なライブラリを指定した上で、 先程のInfo.plistを相対パスで指定する形で、ターゲットに対して(BuildTargetNameは適宜読み替えてください)cmake上の以下のようなプロパティ設定を追加します。


    set_target_properties(BuildTargetName PROPERTIES
        BUNDLE TRUE
        MACOSX_BUNDLE TRUE
        BUNDLE_EXTENSION bundle
        MACOSX_BUNDLE_INFO_PLIST ./Path/To/LoadableBundleResource/Info.plist
        )

こうした上で


cmake . -G"Xcode"

でcmakeを走らせれば、Loadable Bundleを生成できるxcodeprojを吐き出せます。(もちろん、手でXcodeからxcodeprojを生成してもかまいません) Windows/OSX共に、利用するUnity Editorのアーキテクチャに合わせて適宜64bitにするのを忘れないようにしましょう。

Native Pluginを配置する

ビルドした各Platform向けのNative PluginをUnityプロジェクト上のAssets/Plugins以下に配置します。 Inspectorから、それぞれのバイナリがどのプラットフォーム向けのものなのかを指定しておけば、完了です。

プラクティス

複雑な構造を手軽にマーシャリングする

非Bittableな値を多く転送するのであれば、どのみちマーシャリングコストはかかるので、マルチプラットフォームで高速なIDL定義型のシリアライゼーションライブラリを利用していくのも手です。代表例としてはProtocolBuffersやFlatbuffersが上がります。 この手のIDL定義型のシリアライゼーションライブラリは、IDLから各言語のパーサコードを生成してアクセスする形式のため、マーシャリングに関わる実装コストをざっくりと押しつけつつ、比較的安全にManaged-Native間のやりとりを行う事ができます。 連続的なメモリアドレスにパラメータを積み込めるので、バッチ的に複数の処理を一気に転送する、というパターンを行いたい場合にも有効です。

Native Pluginでの諸注意

Native Pluginの利用に関しては、いくつか注意するべき点がありますが、今回は

  • Native側からManagedのメソッドをコールバックとして呼び出させる場合、必ずUnityのメインスレッド内から呼び出すようにする
  • Editor上でのPreview再生の停止をしても、Native Pluginはアンロードされない

この二点について説明します。

コールバックは必ずUnityのメインループ内から呼び出す

Unityは多くの処理がメインスレッド、メインループ(Update, LateUpdateなど、Unityがエントリポイントとしてメインスレッド上から呼んでくれるメソッドから連なるコールスタック)から行われることが前提にされています。 uGUIなどは、CanvasRendererとの都合でこの外側からメッシュが編集される処理が走った場合、容易にクラッシュに至ります。 また、Editor上でNativePluginを使う場合には、別スレッドからコールバックが一度でも呼ばれてしまうと、以後MonoDevelop/VisualStudioからのデバッガーアタッチを行ったときにUnityがフリーズしてしまいます。(UnityのMonoのDebuggerのバグに起因しているようです) これらの事情から、コールバックは必ずUnityのメインループの内部から発火されるようにするのがベターです

Editor上でのPreview再生の停止をしても、Native Pluginはアンロードされない

これも非常に厄介なポイントなのですが、Editor上のNative Pluginは、一度ロードされるとPreview再生/停止をするだけでは初期化されません。 再生後に最初の呼び出しで初期化し、再生終了時には終端処理を必ず行うようにする必要があります。さらに、再生中にC#コードを編集してリコンパイルとアセンブリリロードが走った場合、終端処理がきちんと呼び出される保証もなくなるので、初期化処理は冪等性を保っておき、何度呼び出しても支障はない状態にしておく必要があります。

さいごに

長くなりましたが、UnityのNative Pluginを作る方法やその注意点について紹介していきました。

明日は hirashunshun さんです。

  • 2016/12/02 Android IL2CPPでのサポートされるリンク手法について追記と修正をしました。
続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

第5回 DeNAゲーム開発勉強会xAiming レポート

こんにちは。 リードエンジニアの佐藤です。

4/28(火)に渋谷ヒカリエのDeNA本社にて、
「第5回 DeNAゲーム開発勉強会xAiming」を行いました!

弊社からは『パズル戦隊デナレンジャー』について発表しました。
株式会社 Aiming からは『ぐるぐるイーグル』『幻塔戦記グリフォン』について発表いただきました。


DeNA の発表について

DeNA の新しいネイティブ開発(パズル戦隊デナレンジャー)

講演者はわたくし佐藤です。 オンラインゲーム出身で、 現在はネイティブゲーム開発を行っています。

P4280093.jpg

DeNA の新しいネイティブ開発について、またその新しいネイティブ開発の第一弾であるパズル戦隊デナレンジャーの開発について発表しました。

詳細はスライドをご覧ください
DeNA の新しいネイティブ開発(パズル戦隊デナレンジャー)

制作を支えたツール達(パズル戦隊デナレンジャー)

講演者は Web エンジニア出身で、現在はネイティブゲーム開発を行っている渡辺です。

P4280094.jpg

パズル戦隊デナレンジャーの制作を支えたツールについて紹介しました。
新しいネイティブ開発でツール選定も新たに行い、良かったこと・悪かったことがまとめられています。

詳細はスライドをご覧ください
制作を支えたツール達(パズル戦隊デナレンジャー)

株式会社 Aiming の発表について
ブログのリンクを貼らせていただきましたのでぜひご覧ください
Aiming 開発者ブログ | 第5回DeNAゲーム開発勉強会×Aimingで発表を行いました


公演のあとに、DeNAゲーム開発勉強会恒例の懇親会も行われました! 
いろいろと情報交換できて楽しかったです!
IMG_9585.jpg


最後に株式会社 Aiming の皆様、共同開催ありがとうございました! 

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る