俺コン 2018 Summer 参加レポート

こんにちは!SWETグループの細沼です。

9/12、9/13と2日間に渡り、DeNAにて「俺コン 2018 Summer」というイベントが開催されました。DeNAのエンジニアも3名登壇していますので、登壇者からのコメントなどを交えつつ参加レポートを書きたいと思います!

俺コンとは

orecon_0.JPG

iOSDC JAPAN 2018 に寄せられた 500本以上のCfP(プロポーザル)のうち、惜しくも採択されなかったトークの中から、運営メンバーが聞きたいと思ったトークを選び、それを発表するといういわばリジェクトカンファレンス的なイベントになります。

去年に続いて2回目の開催となりますが、21本のトークが運営メンバーによって採択されました。iOSDC JAPAN 2018 と同じように、発表会場は各トラックに分かれており、参加者は部屋を移動して興味のある発表を聴くことが出来るというスタイルで開催されました。

主催の @d_date さんがレポートを書かれていますので、詳しくはそちらを御覧ください。
https://note.mu/d_date/n/nbd76e48401d0

公式サイト:
https://ore-con.firebaseapp.com/

登壇したエンジニアより

当日登壇したエンジニアから、発表内容やCfPを出した背景などについてコメントをいただきました。

ソースコードから読み解く - Quick はどのように実装されているのか?

orecon_1_tobi462.JPGのサムネール画像

あらためまして、SWETグループに所属している細沼(@tobi462)です。

今回、Swift製のBDDフレームワーク(テスティングフレームワーク)である Quick について、どのような仕組みで実現されているか発表させていただきました。

CfPを出した背景についてですが、 Quick の使い方については公式ドキュメントで丁寧に書かれているものの、それがどのような仕組みで実行されているか興味を持っている iOSアプリエンジニアも少なくないのではと思ったためです。

以下は公式ドキュメントの冒頭で紹介されている Quick によるテストコードの例ですが「DSL(ドメイン特化言語)」や「XCTestとの統合」がどのように実現されているか、すぐに想像がつく方は少ないのではないかと思います。

import Quick
import Nimble

class TableOfContentsSpec: QuickSpec {
  override func spec() {
    describe("the 'Documentation' directory") {
      it("has everything you need to get started") {
        let sections = Directory("Documentation").sections
        expect(sections).to(contain("Organized Tests with Quick Examples and Example Groups"))
        expect(sections).to(contain("Installing Quick"))
      }

      context("if it doesn't have what you're looking for") {
        it("needs to be updated") {
          let you = You(awesome: true)
          expect{you.submittedAnIssue}.toEventually(beTruthy())
        }
      }
    }
  }
}

私も最初にこのコードを見た時に、この DSL が Swift でどのように実現されているか分かりませんでした。

そこで内部のコードを読んでみたところ、Swift における DSL の実現が Kotlin とは異なるアプローチになっていることを知り、これは発表してみたら面白いのではないかと思い CfP を出してみました。

残念ながらこのトークは採択されませんでしたが、こうして別のイベントで発表する機会を得ることができ良かったと思います。

後日動画が公開される予定ですが、発表スライドだけでも楽しめる内容になっていると思いますので、興味がありましたらぜひご一読ください!

iOSでmp4をデコードして自分だけの動画プレーヤーを作ろう!

orecon_2_noppe.JPG

こんにちは、ソーシャルライブ事業部のnoppe(@noppefoxwolf)です。

iOSDCに引き続き、動画周りの話ということでVideoToolboxやAudioToolboxなどの低レイヤーのフレームワークを使った動画再生について発表しました。 私もこの分野については詳しくなかったのですが、興味を持って頂くことで発表と勉強の機会を得られた事に大変嬉しく思います!

当日はかなり早口になってしまいましたのでご興味のある方はこちらのスライドをじっくりお読みください。

CfPを提出した経緯として、ソーシャルライブアプリを作っていく中で高レイヤーフレームワークで達成出来ない課題が多いと感じた点があります。

iOSはライブラリ管理ツールやSwift・Foundationといった素晴らしいエコシステムの中で開発が出来るため手軽にアプリを世の中に出すことができます。 しかし、ある意味ブラックボックスになったライブラリの中身や枯れた技術に関しては一部のプロフェッショナルに任されるような体制になっているのではないでしょうか。

これから配信のみならず、CoreMLやARKit、Metal、ブロックチェーンといったUIKit以外にチャレンジしなくてはならない領域は増えて行きます。 そういった時に知らない世界に飛び込んでいける勇気を持てるようにという意味も込めて、Metalや動画周りのCfPを出しました。(自分のようなUIKitしか触って来なかった事への叱咤も兼ねて、です。)

これからも興味を持っていただけるような登壇を続けていければと思います。 もしも資料の中で分からない点があれば、気軽に(@noppefoxwolf)までメンション頂ければと思います!

UIWindowが複数存在するとき、ステータスバーのスタイル設定が難しい件

orecon_3_malt03.jpg

こんにちは、ゲーム・エンターテインメント事業本部の村田紘司(@malt03)です。

macOSのことを話したiOSDCとは打って変わって、iOSのUIWindowというニッチな部分の発表をしました。

UIWindowはとても扱いづらく、公式のドキュメントもあまりありません。 私自身、基本的にはUIWindowを使うべきではないと考えています。 ただ使うべきときは極稀にあり、そんなときドキュメントが存在していないために大変困った経験があります。 同じような方の役に立てればと思い、CfPを出しました。

今回の発表では、

  • どういうときにUIWindowを使うべきか、または使うべきでないか
  • UIWindowの暗黙的な仕様について

を説明しています。

どんなときにUIWindowのを使うか知りたい方やUIWindowを使う必要があって苦労している方は、参考にしていただければ幸いです。

おわりに

今回、発表者・参加者・当日スタッフという形でこのイベントに関わらせていただきましたが、とても楽しませていただきました!

運営のみなさま、発表してくださった方々にはこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

平日にもかかわらず多くの参加者が来場され、もはや iOSDC と同様に毎年恒例のイベントになりつつあるのではないかと感じます。

また来年も開催されることを期待しています! orecon_5_fin.jpg

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

iOSDC2018 で DeNA の iOSアプリ開発者10名が登壇し、1名が司会を行います!

iOSDC_Speakers10.png

こんにちは!技術企画グループで技術広報を担当している玉田です。

明日から9月2日(日)まで4日間開催される iOSDC Japan 2018 にて、 DeNA のiOSアプリ開発エンジニアたち10名が登壇し、1名が「IRT: Interactive Round Table」の司会を行います!こちらでご紹介します。

登壇スケジュールと登壇内容

登壇日時Trackなど登壇タイトル登壇者
2018/08/31 11:20〜Track B レギュラートーク(30分)Swift 4.2 はどのような進化をしているのか@tobi462
2018/08/31 13:30〜Track D iOSエンジニアに聞いて欲しいトーク(30分)macOSでもっとアプリを作ろう@malt03
2018/09/01 14:40〜Track C レギュラートーク(15分)iOS × GraphQLの嬉しみとつらみ@_mogaming
2018/09/01 17:10〜Track B iOSDCルーキーズ LT(5分)虚無から48時間でiOSアプリをリリースする@koooootake
2018/09/01 17:20〜Track B iOSDCルーキーズ LT(5分)Visionフレームワークのリアルタイム顔検出を使えば、ウインクするときゃるん♪と音が鳴る二次元美少女になれる!@minami1389
2018/09/01 17:45〜Track A iOSDCルーキーズ LT(5分)サーバーの状態に応じて画面遷移させるための設計@furuyan325
2018/09/01 18:00〜Track B iOSDCルーキーズ LT(5分)UITableViewに動画広告を表示する@nihonpanda
2018/09/02 11:20〜Track B レギュラートーク(30分)ライブ配信アプリのアイテム再生をMetalで実装する事になった話@noppefoxwolf
2018/09/02 14:20〜Track A レギュラートーク(30分)iOS アプリの開発速度を70%高速化したデバッグノウハウ@orga_chem
2018/09/02 16:30〜Track A LT(5分)不摂生で救急搬送されたiOSアプリ開発者がiPhoneとAppleWatchをフル活用して健康を取り戻した話@dotrikun

IRT: Interactive Round Table

@tarappo が8/31(金)にTrack Fで「テスト相談会」というIRT(Interactive Round Table)の司会進行をやります。

時間帯としては「13:30-13:50」「14:00-14:20」「14:30-14:50」の3回になります。 詳しくは 「iOSDC 2018でテスト相談会をします」をご覧ください。

エンジニアによる Speaker Lounge

さらに、登壇するエンジニアたちが DeNA スポンサーブースでも Speaker Lounge を実施します。公式の Speaker Lounge では時間が合わなかった!もっと詳しい話を聞きたい!といった方、ぜひ DeNA スポンサーブースにお越しください!

エンジニアの登壇内容と、Speaker Lounge でブースにいる時間は↓をご確認ください。 iosdc2018_1.png

iosdc2018_2.png

iosdc2018_3.png

iosdc2018_4.png

iosdc2018_5.png

iosdc2018_6.png

iosdc2018_7.png

iosdc2018_8.png

iosdc2018_9.png

iosdc2018_10.png

それぞれの登壇者の発表前後に @DeNAxTech(DeNA 技術系アカウント)でお知らせしますので、みなさま、ぜひ Follow してください。

それでは当日お会いできることを楽しみにしています!

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

try! Swift Tokyo 2018への協賛・登壇のお知らせ

こんにちは。Shimonです。

明日3月1日から開催されるtry! Swift Tokyo 2018にて、DeNAはゴールドスポンサーを務めます。

カンファレンス2日目には、11時50分から弊社松前が超解像+CoreML+Swiftを使ってアプリの画像データ転送量削減に挑戦すると題したセッションをお送りします。

DeNAブースでは、ペットボトルのお水のご用意や、ちょっとしたアンケートにお答えいただくことで、先着で横浜DeNAベイスターズ 球団オリジナルビールのプレゼント* をします。また、ブースにはDeNAの様々なサービスからiOSエンジニアも参加します。SwiftやiOS開発に関わる話もできたら嬉しいです。

あわせて、カンファレンス翌日3月3日にはワークショップを、来週3月8日には非公式なファンイベントとなるAfter talks day1の会場提供、運営のサポートもさせていただきます。

try! Swiftのスポンサー、ブース出展は初めてになりますが、お越しの皆様と積極的に関わることができたらと考えています。カンファレンス当日、ワークショップ、After talksともに、皆様にお会いできるのを楽しみしています!

*ブースではクーポンのお渡しとなり、ビールは2日目のParty内で配布を予定しています

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

DeNA TechCon 2016のセッション動画を公開しました!

dena_techcon_2016_logo

TechCon 2016のセッションをスライド・動画アーカイブでご覧いただけます!

こんにちは。Iketakiです。

1/29に開催されました DeNA TechCon 2016 の動画アーカイブを公開いたしました! (※DeNA TechCon 2016については、こちらの記事などをご覧ください)

イベントの公式HP内の「SCHEDULE」より、各登壇者の当日のスライドと、動画アーカイブをご覧いただくことができます。

スライド・動画へはこちらから!

capture

(公式HPに遷移します)

また、動画は、YouTubeのDeNA Channelからもご覧いただけます。

当日ご来場することができなかったみなさまや、セッションにご興味のあるみなさまは、ぜひスライドや動画をご覧いただければと思います。

イベントレポートはこちらから!

当日の会場の様子や各セッションの要点を、以下の開催レポートにまとめております。 こちらもぜひご覧ください。

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

エンジニアインターン開催のお知らせ

こんにちは、DeNA新卒エンジニア採用担当の福島です。

今日は、学生向けサマーインターンのご案内をさせて下さい。
DeNAでは、エンジニア学生向けに3日間の開発インターンを開催します!

今年はサービス開発コース(StuDev)・ゲーム開発コース(StuDev for Game)の2コースからお選び頂けます。

お薦めしたいポイントは、いっぱいあるのですが、、、ピックアップしてお伝えします!


まずはメンター陣!


今回一緒に開発するDeNAエンジニアを一部ご紹介します。

惠良(ゲーム開発コース)

era.jpg

共通基盤(複数のゲームで利用されるライブラリやフレームワーク、サービス)の開発をリードしているエンジニアです。
Cocos2d-xの独自カスタマイズを行うエンジニアとしてこちらでも紹介されています。

千條(サービス開発コース)

senjo.jpg

「マンガボックス」や「Rumor」などのアプリを生み出した
新規モバイルサービスの立ち上げ部門でエンジニアのマネジメントをしています。
サービスの立ち上げの成功も失敗も間近で見てきたエンジニアのため、
盗めることも多いのではないでしょうか。

優勝チームはアメリカツアーにご招待!

数ある魅力的なインターンシップのなかから、
DeNAのインターンを選んで下さる学生のために、2つの特典をご用意しております。

ゲーム開発コース 「StuDev for Game」 優勝チームはGDC2015参加ツアー

IMG_5794.jpg

例年アメリカで行われる、世界最大級のゲームのカンファレンスに参加いただきます。
世界最先端のゲームや新しいデバイス、世界中のゲーム開発者の熱量に触れて下さい!

サービス開発コース 「StuDev」 優勝チームはシリコンバレーツアー

siliconvalley.jpg

言わずと知れた、IT産業の中心地。
毎年このツアーでは、
観光だけでなく、
現地のIT企業に訪問しオフィス見学や社員との交流時間を設けています。

参加者全員に10万円支給

3日間参加して下さる学生全員に10万円の賞金を支給します!

エンジニアプロダクト選考を併設!

モノづくり大好きなエンジニアのための選考です。
選考では、過去の開発経験について詳しくお聞かせいただきます。

DSC_0469.JPG

モノづくりの経験があるかたは、是非こちらでエントリーして下さい。

昨年の様子

このインターンでは、3日という短い期間ですが、メンター張り付きでチームでモノづくりをします。
去年の様子を少しだけですが、掲載します。

企画
どういうユーザにどういうプロダクトを届けるか、チームで議論します。
DSC_0203.JPG


開発
開発中も、メンターがサポートします!
DSC_0653_.jpg


最終発表
審査会には社長の守安などDeNAの経営層や事業責任者が参加します。
DeNAがモノづくりで大事にしているポイントを感じ取ってもらえると思います。
DSC_0865.JPG


終了後
同じチームのエンジニアで引き続きいっしょに開発したチームも!
インターンはエンジニア仲間を見つけるチャンスでもあります。


DeNAのエンジニア向けインターン、いかがでしたでしょうか??
複数の企業のインターンに参加をお考えの方にも調整頂きやすいよう、
今回は3日間という短い期間になっています。

興味がある方は、お気軽にエントリーして下さい!

エントリー、詳細情報はDeNAインターン公式ページから確認お願いします!

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

第50回 "Tech Talk" を開催しました!

こんにちは!Technology of DeNA 編集部です。

今回は、DeNA社内のエンジニア勉強会"Tech Talk"をご紹介します。

回を重ねること50回!のこのイベントなのですが、
多種多様なテーマを有志が持ち寄り、ゆるーい感じでトークを展開するもの。
食事をつまみながら、飲み物を飲みながら、の状態で、
ノウハウ共有だけではなく、部署の壁を超えたコミュニケーションにも一役買っています。

今回は、第50回記念として、まずは、
CTOの川崎と執行役員の木村による、
乾杯の挨拶兼面白トークが繰り広げられました!

▼左が木村、右が川崎。結構長い付き合いです。
kawsaki.jpg

▼かんぱーい!
kanpai.jpg

で、その後は、

①弊社の国際学会派遣制度のフィードバック
②レコメンドシステムの裏事情
③Oculus Rift の展示レポート

と、結構ガチな話題が続きました。
各トークの時間は約30分ですが、全く飽きさせない展開は、
さすが「第50回」です!

社内向けのイベントですので、
普段は、社外に向けて公表していないのですが、
今回、ちょっとだけ、ご紹介させていただきます!

①弊社の国際学会派遣制度のフィードバック
国際学会派遣制度とは、世界最先端の技術に触れるための制度です。
世界中の国際会議、セミナー、フォーラム、展示会などに社費で参加できます。
今回は、バルセロナで行った『Velocity』(O'REILLY主催)のレポートでした。

★『Velocity』についてはこちら

★国際学会派遣制度についてはこちら


②レコメンドシステムの裏事情
こちらは、Apple による、2014ベストアプリに選ばれた、
ニュースアプリ『ハッカドール』が題材に!
独特の嗜好を持つターゲットユーザーへのレコメンドの手法が、
明らかにされました!

★『ハッカドール』についてはこちら


③Oculus Rift の展示レポート
Oculus Riftとは、VR用のヘッドマウントディスプレイで、
仮想世界に入ったような没入感が得られます。
これを利用した、とある装置をつくり、とある展示会で発表したという内容です。
「目の前でユーザーの方が楽しんでくれるのを見るのは、とても嬉しい!」とのこと。

★『Oculus Rift』についてはこちら(まとめ記事)


以上です!

もちろん、Tech Talkは、今後も開催予定ですし、進化を続けていきます!
また、面白い話題がありましたら、紹介させていただきます!

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

From DeNA to ngmoco

Hi, this is Ryosuke. Today, I have an announcement for you that I will start to work in San Francisco from October for one year through DeNA's "Global Challenge System". This is my long-desired dream!!

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

「Web若手エンジニアの会」を開催しました

はじめまして。新卒で今年の 4 月から Mobage 基盤管理グループという部署で働いてる坂本です。

先日 7 月 13 日に「Web若手エンジニアの会」という勉強会を渋谷ヒカリエオフィスにて開催しましたので、この場を借りて紹介させていただきます。

20120713_000.jpeg

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

「京都大学プログラミングコンテスト東京オンサイト」を開催しました

こんにちは。DeNAの玉田です。

先日7月1日に「京都大学プログラミングコンテスト」の東京オンサイトを渋谷ヒカリエオフィスにて開催しました。

京都大学プログラミングコンテストとは

京都大学プログラミングコンテストは、京都大学の学生が有志で主催するプログラミングコンテストです。
Kyoto University Programming Contest の略で KUPC などと呼ばれます.

KUPC

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

「Mobage を支える技術」発刊のお知らせ

こんにちは、DeNA の武部です。

DeNA 執筆による技術書籍「Mobage を支える技術 〜ソーシャルゲームの舞台裏〜」を本日 6/13 日より発売開始致しました。

mobage_sasaeru_gijyutsu.jpg

本書は DeNA の10名のエンジニアにより、章を分担して執筆しました。
執筆陣、及び目次について、下記技評社Webページもご参照ください。
http://gihyo.jp/book/2012/978-4-7741-5111-3

大変ありがたいことに、初版完売の報告を頂いております(※発売日に完売というのもおかしな話ですが「初版で刷った部数全てが書店の注文でハケた」ということだそうです)。
今時点では、大手書店には比較的在庫があると思いますので、お手にとって頂き、面白そうと感じたら 一家に三冊 一冊お買い求め頂けますと、なお幸いです。
しばらく流通量が少ないかもしれませんが、増刷の準備も進めていますので、ほどなく回復すると思います。今しばらくお待ちください。

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

ADC MEETUP ROUND 04の資料を公開します

こんにちは!CTO室所属のgfxこと藤と申します。ngCoreやMobage Native SDKといったスマートフォンのためのSDKの開発を行なっています。
先日2月28日にアドビシステムズが主催するADC MEETUP ROUNT 04というイベントで講演を行いましたので、その資料を公開します。

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

Software Design 2011年9月号の特集に寄稿しました

お久しぶりです。最近グループが新設されてシステム統括本部 IT基盤部 Mobage基盤管理グループ所属になりましたiwanagaです。やってることは特に変わってませんが。。。

「ソーシャルゲームのためのMySQL入門」の続きを書こうと思っていた矢先に、Software Designの編集部の方にお声をかけて頂き、特集に記事を書かせて頂くことになりました。『ベンダ任せにしない 運用エンジニア「攻め」の仕事術』の第3章『「動き続けるものを作る」というオペレーショナルメンタリティ』ということで、私が日々携わっているMobageにおける運用エンジニアの現場の話を、結構細かめに書かせて頂きました。

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

Android Bazzar and Conference 2011 Winter のスライドを公開します

と言う訳で新春のスライド公開の最後です。2011/1/9 に行われました Android Bazzar and Conference 2011 Winter にて私の方で講演致しました ngCore engine for mobage platform のスライドを公開致します。

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

DeNA Technology Seminar #3 のスライドを公開致します

新年早々、スライド公開祭りの第2弾です。

こちらは2010/11/15に行われました DeNA Technology Seminar #3 のスライドです。今回はJavaScript と UI 特集と銘打って行われました HTML5 や SmartPhone 向けの開発についての話です。

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

DeNA Technology Seminar #2 の各種情報、DB Magazine 8月号について

いよいよ明日に迫りました DeNA Technology Seminar #2 ですが、幾つかお知らせがございます。

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

DeNA Technology Seminar #2 を開催します

皆さん、お待たせ致しました。来る 2010年6月29日 18:30 より代々木ビジネスセンターで DeNA の技術陣とゲストスピーカーで DeNA Technology Seminar #2 を開催致します。

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

DeNA Technology Seminar #1 のスライド及び動画を公開します

ちょっと遅くなってしまいましたが、先日行われました DeNA Technology Seminar #1 の資料と動画を公開します。

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

DeNA Technology Seminar #1 は本日開催です

本日は DeNA Technology Seminar #1 の開催日です。本日ご来場頂ける方はお忘れなきようお願い致します。
また申し込めなかった方や遠隔地の方、本日已むなく来れなくなってしまった方に ustream による配信のご案内です。

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

DeNA Technology Seminar #1 を開催します

2010年3月16日 19:30 より弊社セミナールームで DeNA の技術陣とゲストスピーカーで DeNA Technology Seminar #1 を開催致します。

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る

Technology of DeNA を始めます

皆様はじめまして。株式会社 DeNA ポータル事業本部システム部オープンプラットフォームチームエンジニアの山口です。 本日より Technology of DeNA と銘打って、弊社の技術陣が DeNA の各種サイトを開発・運営するに当って得て来た知識や技術をお伝えしていきます。

続きを読む
ツイート
シェア
あとで読む
ブックマーク
送る
メールで送る